運営会社について

株式会社Lexxica(レキシカ)の創設者とアドバイザー

ガイ・スィーヒ

ガイ・スィーヒ CEO

投資家。経営戦略家。起業家。デザイン工学およびビジネスにおける修士号を持つ。1985年、ラーニング・テクノロジー社を共同設立し、「ディズニーの英語システム」をはじめとした優れた学習システムを開発した。何百万人という世界中の人々が、彼の指揮の下に開発された教材やプログラムを使い学習している。2000年よりベンチャーキャピタルおよびプライベートエクイティへのビジネスを始める。現在はレキシカの経営以外にも、自然医療関連のビジネス・大学の経営にも参画している。

チャールズ・ブラウン博士

チャールズ・ブラウン博士 共同創立者

明治学院大学応用言語学教授。同大学にて、英語教職課程の責任者を務める。TESOL、応用言語学の修士および博士号を保有し、CALL(コンピュータ利用言語学習)と語彙習得、多読、および日本における英語教育を専門 とする。1987年より日本の英語教育界において幅広く活躍。JET プログラム(The Japan Exchange and Teaching Programme)の初代会長、ソニーランゲージラボトラリーのナショナルディレクターを歴任。また文部科学省の公式コンサルタントとして、教科書アドバイザー、教師トレーナーなどを務めている。

ブレント・カリガン博士

ブレント・カリガン博士 サイエンスアドバイザー

青山学院女子短期大学英文学科にて、英語の指導とカリキュラムの開発を務める。TESOLにおける修士および博士号を保有する一方、経営学における学士号を保有。語彙習得、コーパス言語学、言語テスト手法、特にIRT(項目応答理論)に基づくテスト手法の研究をその専門とする。

デイビット・ニューナン博士

デイビット・ニューナン博士 シニア・アカデミックアドバイザー

アナハイム大学の副学長、香港大学の名誉教授を務める。英語教科書の著者として多くのベストセラー教科書を執筆する、言語習得の専門家。彼の教科書シリーズの一つ「Go For It!」は、世界最大の22億部を超える販売部数を誇っている。2000年には世界最大の英語教育機関であるTESOLの会長に就任。これまで、コロンビア大学、ハワイ大学、チュラロンコーン大学(バンコク)、上智大学(東京)、ニューサウスウェールズ大学(シドニー)、バーミンガム大学およびウォーリック大学(英国)、ソウル大学など、多くの大学で客員教授を務めてきている。また、米国下院からの議会表彰など、これまでの果たした英語教育への貢献から数々の表彰を授与されている。

ブルース・ロジャース

ブルース・ロジャース シニア・試験対策アドバイザー

ロジャース教授は、1979年よりESL(第二言語としての英語)およびEFL(外国語としての英語)を指導している。ボストン大学の修士号を保有。コロラド大学の経済研究所にて、20年に渡り英語教育プログラム長を務めた。彼の著書に「The Complete Guide to the TOEFL: iBT Edition」、「The Complete Guide to the TOEIC」 (ともにHeinle-Cengage)、「World Class Readings」シリーズ(McGraw-Hill)。共著として「Listening Power」シリーズ(Pearson)および「Reading Explorer 5」(Heinle-Cengage)がある。

伊利夫

伊利夫 テクノロジーアドバイザー

東京大学にて電子情報学を専攻。レキシカの特許テストであるV-Checkのエンジニアのリーダーとして開発に携わる。ソーシャルショッピングネットワーク「Shopal」、および求人情報検索エンジン「Coojin」というベンチャービジネスを東京にて立ち上げる。分散型検索エンジンおよびソーシャルネットワーキング技術の専門家。

会社概要

会社名:株式会社レキシカ
本社:150-0002 東京都渋谷区渋谷2-7-8 鷹匠青山ビル5F
Tel:03-5766-5916 Fax:03-5766-5918
米国オフィス::300 Lenora Street #321, Seattle, WA 98121 USA
Email:info (at) lexxica.co.jp